フェリチン 貧血 不妊

フェリチン(鉄たんぱく質)増やして

貧血改善!妊娠しやすい体質に

 

  1. フェリチンが足りない
  2. 食事で改善する方法
  3. 生活習慣で改善する方法
  4. わたしも妊娠&出産に成功!
  5. まとめ

妊娠

 

フェリチンが足りない

 

人間は、簡単に鉄分不足にならないように普段から肝臓などに鉄分を貯蔵しています。

 

その貯蔵鉄をコントロールしているフェリチンが不足することが、鉄欠乏性貧血の主な原因となります。

 

女性のおよそ7割が鉄欠乏性貧血と言われており、フェリチンそのものが不足している女性が非常に多いのです。

 

わたしも血液検査でフェリチンの数値を調べた結果、基準値の5〜157ng/mlを下回ってることが判明しました…。

 

自覚症状が無かっただけにショックが大きかったです。

 

そこで今回は、からだの貯蔵鉄分に深く関与しているたんぱく質であるフェリチンを増やす方法を食事編と生活習慣編に分けてご紹介します。

 

また実際にフェリチンを増やすことを実践してわたし自身が感じたことをお話していきます。

 

 

 

食事で改善する方法

 

フェリチンを増やす方法

〜食事編〜

 

 

フェリチンを増やしていくために一番取り組みやすい方法としては、食事やサプリメントから鉄分を補給するということです。

 

妊娠

 

・ヘム鉄と非ヘム鉄

 

鉄分とひと口に言っても、吸収されにくい非ヘム鉄と吸収されやすいヘム鉄があります。

 

ヘム鉄の吸収率が25%くらいなのに対して、非ヘム鉄はたったの1〜3%ほど。

 

ヘム鉄はレバーやあさり、卵黄などに多く含まれていますが、サプリメントで手軽に摂取するのをオススメします。

 

また鉄分は一度に吸収できる量が限られているため、一気に摂取してもおしっこと一緒に排出されてしまいます。

 

1日3回にわけて、バランス良くとりましょう。

 

・ビタミンB群やビタミンCを摂取する

 

鉄分単体で摂取するよりも、鉄分の吸収を助けてくれるビタミンB群やビタミンCを積極的にとりましょう。

 

食後に柑橘類などビタミンCをたくさん含むフルーツを食べるだけで、鉄分の吸収率が2倍になります。

 

・鉄分と相性の悪い食品を避ける

 

実は、せっかく摂取した鉄分の吸収を邪魔する食品があるのをご存知でしょうか。

 

朝食のお供として欠かせない人も多いコーヒーや、食事の時に飲む緑茶、玄米やライ麦パンなどが挙げられます。

 

これらを食事のときに食べてしまうと、鉄分補給が無駄になるので最低でも2時間はズラすようにしましょう。

 

わたしも朝食後にコーヒーを飲む習慣があったのですが、この話を医師から聞いておやつの時間まで我慢することにしました。

 

 

 

生活習慣で改善する方法

 

フェリチンを増やす方法

〜生活習慣編〜

 

・有酸素運動をする

 

ちょっとツライと感じるくらいの有酸素運動は、骨髄の活動を活発化させます。

 

有酸素運動によって血液製造工場である骨髄のはたらきを活性化し、血液をどんどん生産してもらいましょう!

 

オススメは水泳、ちょっと早めのウォーキング、縄跳びなどです。

 

個人的にオススメなのは、適度な疲労感があるのにからだに負荷がかかりにくい水泳です。

 

わたしは貧血に運動がいいと聞いて、フィットネスクラブに通い始めて水泳を毎日おこなっていました。

 

浮力があるので翌日足が痛くなるということは無いですし、体内の乳酸を飛ばして筋肉痛を防止する炭酸泉もあったのでとても良かったですよ!

 

またお金をかけずにおこなえる方法としては、少し早歩きのウォーキングです。

 

散歩がてら、しっかり一歩一歩を踏みしめて早歩きするのがコツです。

 

わたしは妊娠して安定期に入ってからは、無理のない程度でウォーキングを毎日おこなっていました。

 

妊娠

 

・睡眠時間をしっかりとる

 

睡眠はフェリチンを増やすためというよりも、維持するための基準にしてもらいたい生活習慣です。

 

なぜかというとフェリチン不足になることで、睡眠障害を起こすことが多いのです。

 

睡眠を正常に促すためのセロトニンやドーパミンといった物質が、鉄不足で分泌されづらくなってしまうためです。

 

睡眠不足になることで自律神経のバランスが乱れて、ホルモン値にも影響を及ぼし余計に妊娠しづらい体質になってしまいます。

 

わかりやすい確認方法は睡眠不足だなぁと感じたときに、下まぶたを引き下げてみてください。

 

引き下げたまぶたの裏側が白くなっていた場合には、フェリチンが不足している可能性大です!

 

わたしも栄養のある食べ物を積極的に食べつつ、適度な運動を日常的におこなって体質改善に努めています。

 

またフェリチンが足りていないか、下まぶたの裏でこまめにチェックするようにしています。

 

 

 

わたしも妊娠&出産に成功!

 

フェリチン値を上げたことで

わたしが感じた妊娠への効果

 

 

フェリチン値が低いことで流産や早産の確率が高くなるということで、早速妊娠するためにフェリチン不足を改善し始めました。

 

鉄分を含むサプリメントを摂取し、食事もヘム鉄とビタミンCを一緒に摂るように工夫しました。

 

そして毎日スイミングで汗を流し、少しでもフェリチン値が回復するように心がけて半年近く…。

 

結果は毎日朝気持ちよく起きられて、気分の落ち込みがなくなって妊活に意欲的になれました!

 

体調があまり良くないと妊活自体がおっくうになっていたのですが、今では活力が湧いてきている感じで「水を得た魚」のような気持ちです。

 

フェリチン値が100近くの数値になったことを確認してから本格的に妊娠に向けて動き出して、その3ヶ月後見事自然妊娠しました!

 

妊娠

 

その後もフェリチン値が低くならないように、できる範囲で工夫をし続けていきました。

 

そのおかげで妊娠中は何のトラブルもなく、無事に正期産の39週で元気な赤ちゃんを出産することができましたよ!

 

フェリチン値について妊娠前に知識を得ておいて、本当に良かったなと思いました。

 

今目の前に可愛い我が子がいるのは、フェリチン不足を解消できたおかげです!

 

 

 

まとめ

 

まとめ

 

妊娠

 

肝臓などに鉄分を貯蔵するたんぱく質フェリチンを増やすための食事や生活習慣についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

フェリチンが不足すると妊娠しづらいだけでなく、睡眠障害やうつ症状が出る場合もあります。

 

日本ではイマイチ、このフェリチンの重要性に対する認識が甘い気がします。

 

妊娠に関しては流産や早産などのリスクが高まることがわかっていますので、ぜひ妊活をスタートするときにはフェリチン値をチェックしましょう。

 

そしてフェリチンを増やすための生活習慣を心がけて妊娠し、トラブルなく赤ちゃんを出産できるように体質改善をしていってください。